ガテン系

ガテン系のメリット・デメリットを知りたいひと必見!

2021年2月17日

スポンサーリンク

皆さんは、「ガテン系」と聞くと
どういうイメージをお持ちですか?
「目つきが悪い」、「素行が悪い」、
「威圧感がある」なんてイメージを
持たれている方も
多いのではないでしょうか。
分かります!!
そうですよね。
あながち間違ってません(笑)
しかし、真実ではないです。

さてここでは、
「ガテン系」という言葉の意味と、
どういう仕事なのかを
詳しく解説していきます。

【ガテン系という言葉の語源と意味】


ガテン系という言葉は、
1991年にリクルート出版から創刊された
「ガテン」という
就職情報誌が語源の言葉で、
土木・建築・ドライバー・
メカニック・調理師などの、いわゆる
肉体労働職」が対象とされています。

【ガテン系の主な職業】

土木作業員


工事現場は大きく
「土木」と「建築」に
分けることができます。
土木作業員は「土木」の方に
従事されている方々の事です。

土木工事は、道路・ダム・橋梁などの
大規模な工事の他に、
水道・ガス・通信といったインフラ整備

などで、大型重機を用いた土地の掘削・
造成を行う作業です。
多くは公共工事で
発注者は国や地方自治体です。

土木作業員という
大きな括(くく)りの中にも、
重機オペレーター・とび工・土工・大工・
(だいく)・鉄筋工・電気設備工など
数多くの職種が従事されています。


メリット

全くの未経験でも採用される事が多いです。
やりながら成長していってくれという
スタンスで、最近では
社会保障に加入している会社が殆どです。

長く続けて高齢者になっても、
経験がモノを言う環境なので
活躍できますし、報酬もいいです。
色々な現場に行けて通勤も楽しいし、
電車の乗り方にや道に詳しくなります。
ジムに通わずとも普通に引き締まったカラダになります。
また、従事した現場がカタチとして残るので
感慨深くもあります。


デメリット

重機の近くや、高所作業での危険作業が
頻繁にあり最悪の場合、
命を落とす危険があります。

今は重機の発達が著しいですが、
多少の体力は必要です。
(皆さんが思ってる程ではありません)
現場によっては朝が早く、
夏は暑く冬は寒いです。
一般作業員のうちは報酬は低め。

建築作業員


建築作業員は、
「土木」と「建築」に分類される
「建築」の方に従事されている方々の事です。

建築工事は、
マンション・ビル・商業施設などの
地上に建つ構造物を建設する
工事です。
多くは民間工事で、発注者は民間企業です。

こちらも、
建築作業員という大きな括(くく)りの中に、
重機オペレーター・とび工・土工・
大工(だいく)・鉄筋工・電気設備工など
数多くの職種が従事されています。


メリット

概ね土木作業員のメリットと重複しますが、
建築作業はややハードさが抑えめです。

市街地での現場が多いため
交通のアクセスと周囲の環境が良いし、
近隣配慮の観点から土日祝は休み
ということも少なくないです。

休憩施設の整備の質もよいので、
現場では快適に休憩できます。


デメリット

こちらも
土木作業員のデメリットと重複しますが、
危険度・体力の必要性ともに
ややマイルドです。

民間企業が発注者ということで、
工期が厳しく
現場管理される方の負担は大きいです。

ドライバー


ガテン系ドライバーは、車やバイクなどの
運転で荷物を運搬する仕事です。

一般的にドライバーは
運転が仕事と認識されることが多いですが、
ガテン系は荷物のお届けの方がメインで、
佐〇急便やクロ〇〇ヤマトなどが有名です。


メリット

異業種からの転職がしやすく、
最初から報酬が多めです。

道や地理にも詳しくなり
ドライビングテクニックも身に付きます。
一人で運転する場合は気楽で
人間関係を気にしなくていい
です。

自分の頑張りによっては非常に多い報酬が
見込めます。


デメリット

常に交通事故の危険があり、
長時間同じ体勢で
体への負担も少なくありません。
労働時間が不規則になりがちで、
年齢を重ねると運転自体に影響がでて、
続けるのが難しくなります。

メカニック


ガテン系メカニックは、
主に自動車整備士のことです。

自動車整備士は
自動車整備士国家試験に合格した方の呼名で、
資格を有していない整備に従事されている方々を
整備工または工員と呼びます。

自動車販売業者(ディーラー)や
町の修理工場で整備されている
方々です。


メリット 

自動車好き、
特に機械いじりの好きな方には天職
とまで言えるでしょう。

日本では自動車の普及は一般的なので、
需要は安定しています。

自動車整備士の資格は整備工場だけでなく、
運送会社や保険会社などでも
自動車整備士の資格を持っていると
雇用されるポストもあります。


デメリット

環境によりますが
報酬が安いとよく言われます、
労働時間が長い職場もあるようで、
繁忙期は特に忙しい
です。

整備の仕事だけでなく、
ある程度の接客も業務の内です。

調理師


調理師は、
飲食店の厨房で調理をされる方です。

調理師は日本独自の国家資格で、
本来は名称独占資格
(無資格者が調理師を名乗れない)
なのですが、一般に調理人を目指す方々を
調理士と呼ばれます。

調理師資格の合格率は、
およそ60~70%と言われています。


メリット

求人募集が非常に多く、
手に職をつければどんな場所でも
働く所に困ることは少ない
です。

来店される方と対面できるお店であれば
お客様との人脈が築け
将来の独立の手助けになりやすいです。


デメリット

希望休が取りづらく、
基本立ち仕事で
体への負担も少なくないです。

求人需要が多い=独立後のライバルが多い
という公式が成り立ってしまい
勝ち残るのは大変とも言えます。

調理師免許受験には2年間の実務経験か
調理師学校を卒業する必要がある。
下積み期の報酬が安い。

まとめ

というわけで、今回は
ガテン系の職種の紹介をしていきました。
この5業種の他にも
ガテン系はたくさんあります。

どれも共通して言えるのは
やはり『体力勝負』ということです。

体力に自信のない方には敬遠しがち
かと思いますが、逆に考えると
体力をつけながら報酬を貰える
という考え方もできます。

ガテン系職業には
体育会系体質でサバサバした環境や、
昇給が早いといったメリットもあります。

どんな職業にも、
メリット・デメリットがあります。

ガテン系も選択肢の一つとして
知ってほしいと思います。


スポンサーリンク

-ガテン系

© 2021 さいまるぶろぐ